赤ちゃん(乳児)の股関節脱臼




新生児が股関節脱臼には2つのケースが考えられます。
胎内で脱臼している場合と、生まれてから脱臼する場合です。

胎内で脱臼しているケースはごく稀で、
脱臼しやすい素因を持った赤ちゃんが、
生まれてからの扱いのまずさによって
股関節脱臼を起こすケースがほとんどです。



乳児が股関節脱臼を起こす理由

赤ちゃんには脱臼しやすい子とそうでない子がいます。

脱臼しやすい子は
・おむつの当て方などで足を無理に伸ばした状態で固定されている
・子宮の中で赤ちゃんがお尻を下にしていた(殿位)


こういった様々な理由で、脱臼しやすい子が脱臼してしまうケースが最も多く見られます。

症状

・おむつを変える際に音がする
・太ももの皺の数が左右で違う
・股関節の開きが悪い
・足の長さが左右で違う


股関節脱臼を起こしていると、上記のような症状がよく見られますが
赤ちゃんによっては無症状で股関節脱臼を起こしている場合もあります。

おかしいな、と思ったらすぐに病院へ連れていってあげるようにしてください。
乳児には3・4ヶ月の頃に「乳児検診」がありますから、
この検診時に医師によって股関節脱臼を見つけられることも多いです。

治療法

新生児の股関節脱臼の場合、
おむつの当て方を変えるだけで治癒してしまうことが多く、手術に至ることはまずありません。


ただし、歩き始めると治療が難しくなりますから早期の治療がポイントになります。



Copyright(C) 2011 【股関節脱臼ナビ…先天性・赤ちゃん・犬猫】 Allrights reserved.