犬・猫の股関節脱臼





犬や猫は股関節が外れやすく、
もし脱臼になってしまった場合には痛みで歩けなくなります。

犬や猫も人間と同じですから、
症状に気づいたらすぐに獣医さんを受診するようにしてください。



犬の股関節脱臼

犬の股関節脱臼は、小型犬にも見られますが特に大型犬に多く見られます。
遺伝的に起こることもありますが、多くは後天的なことで発症します。

◆原因
・先天性のもの

・後天性のもの

大腿骨と骨盤を繋いでいる靱帯が切れる
肥満など

◆症状
・足をかばう
・歩き方がおかしい
重症の場合、足を持ち上げて歩いたり、ひきずるなどします。
また、後ろ足がまったく立てない状態になることもあります。

脱臼はクセになります。
脱臼が再発しないように、衝撃の原因になっているものを
犬が暮らす環境から取り除いてあげてくださいね。

猫の股関節脱臼

外にも自由に行けるようにしている外猫の場合は特に交通事故に遭いやすいですね。
伝染病を貰ってくる可能性もありますから、
なるべく家の中だけで飼ってあげることが望ましいと言えます。

◆原因
・高い場所から転落した
・交通事故に遭ったなど

◆症状
・足を浮かせている
・足をかばって歩いている

◆治療
整復を行います。
重症の場合は、手術をすることもあります。

犬も猫も当然ながら「言葉」で痛みを飼い主さんに伝えることはできません。
しかし、身体に生じている痛みは、人間に起こる痛みと同じです。もしかしたらそれ以上かもしれません。

症状に気づいたらすぐに治療をしてあげてくださいね。



Copyright(C) 2011 【股関節脱臼ナビ…先天性・赤ちゃん・犬猫】 Allrights reserved.