先天性股関節脱臼





先天性股関節脱臼は股関節が外れている病態を指します。

先天性の股関節脱臼の場合は
胎内で既に脱臼している場合と、
生まれてから脱臼する場合の2通りに分かれます。



先天性股関節脱臼の原因

生まれてから脱臼する赤ちゃんは
・体内で殿位だった
・無理矢理足が伸びている格好をしている
・おむつの当て方がまずい


これらの脱臼しやすい要因が引き金になって、
脱臼しやすい素因を持った赤ちゃんが股関節脱臼をしてしまった状態を「先天性股関節脱臼」と言うのです。

胎内で脱臼を起こしているケースの方が圧倒的に少ないのが現状ですが、
ゼロではないということを認識しておいてください。

先天性股関節脱臼の症状

・足をひきずるなどの歩行障害が見られるようになる
・開排制限が出る(股の開きが悪い)
・太もものシワの数が足を広げた時に左右で違う
・膝を立てて寝かせた際、膝の高さが明らかに違う

先天性股関節脱臼を予防する

赤ちゃんのお母さん、またはおばあちゃんが股関節脱臼を発症していた場合も、
赤ちゃんが脱臼しやすい素因を持っていると言えます。

脱臼しやすいと分かっていれば、先天性股関節脱臼の多くを予防することができます。

赤ちゃんの自然な格好というのは、赤ちゃんが裸で仰向けで寝ている状態です。
この股関節の状態だと、脱臼しやすい素因を持っていたとしても脱臼に及ばないことの方が多いのです。


おむつの当て方によっても大きく左右されますから、
正しいおむつの当て方は保健婦さんなどに教えて貰うといいでしょう。

先天性股関節脱臼は保存療法による治療がメインになります。
小さい間にきちんと治しておかないと、
大人になってから歩行障害などが起きるようになりますので治療を完全にしておきましょう。



Copyright(C) 2011 【股関節脱臼ナビ…先天性・赤ちゃん・犬猫】 Allrights reserved.